【2024年】自宅用インターネット回線おすすめを徹底比較|マンション・戸建て PR

工事不要で使えるインターネット回線「モバイル回線」について解説

モバイル接続
このページのリンクにはプロモーションが含まれています。

インターネット回線を工事不要で使いたい…。そう考える人は多いものです。

引っ越しが多い、工事費用の負担を避けたい、など、固定回線を使いたくない場合は意外に多いですよね…。

そういう場合は、モバイル回線がおすすめです!

モバイル回線は、通信技術の進歩により、ひと昔前よりもかなり快適に使えるようになってきています。

インターネット回線を工事不要で使いたい場合の、モバイル回線という選択肢について解説します。

インターネット回線を工事不要で使える「モバイル回線」について解説!

無制限wifiWiMAX置き型wifi
使用回線モバイル回線モバイル回線モバイル回線
工事不要不要不要
通信速度最大150Mbps最大867Mbps最大962Mbps
持ち運び×
サービス例・どんなときもWiFi
・Mugen WiFi
・限界突破WiFi
・Broad WiMAX
・GMOとくとくBB
・SoftBank Air
・Broad WiMAX

モバイル回線を使ったインターネット回線は、光回線のような開通工事が不要です!申し込みから3日~1週間ぐらいで使えるという特徴も持ち合わせています。

ここでは、3種類のモバイル回線を紹介していきます!

1.無制限wifi【通信容量無制限のモバイル回線】

無制限wifiの画像

2019年に登場した「無制限wifi」です。2022年現在、最も流行っているポケットwifiではないでしょうか?

その名の通り、通信量の制限がありません。どんなときもWiFi」が有名ですね!

通信速度は最大150Mbpsで、WiMAXと比べると端末のスペックが低いです。「クラウドSIM」と呼ばれる技術を使用しており、主にSoftBank、au、Docomoの携帯回線を自動的に使い分けて接続します。

上記画像のような端末を使っており、スマホと似たような形ですね!持ち運びも出来るので、外出先でもWi-Fiが使えます。

海外でもそのまま使う事ができ、使用回線も自動的に切り替えてくれるので、かなり万能なポケットwifiです。誰にでもおすすめできますね!

無制限ポケットwifiのアイキャッチ
【無制限の闇に注意】ポケットwifiで使い放題・制限なしおすすめTOP10!「容量が無制限!」と書いてあるポケットwifiは非常に多いのですが、実はどのサービスも必ず「3日で10GBまで」などの容量制限があります。これは、ポケットwifiの回線規定によるところが大きいのですが、実はその中でも例外的に1社だけ、本当に完全に無制限で使えるポケットwifiも存在しています。この記事ではポケットwifiの「容量無制限」の真相を徹底的に検証し、本当にガチ無制限で使えるサービスについても詳しく解説しています。...

2.WiMAX【3日で10GBまでのモバイル回線】

「無制限wifi」が登場するまでは利用者も多かった「WiMAX」です。

こちらは3日で10GBまで、という通信量の制限があります。

端末スペックが無制限wifiよりも高いほか、使用している回線「WiMAX2+」は対応エリアが狭いものの、通信速度に優れています。

WiMAX2+のエリア内で使用予定で、かつ3日で10GBまでしか使わない方は「WiMAX」がおすすめです!

3.置き型wifi【自宅用のモバイル回線】

自宅のコンセントに挿して置くだけでWi-Fiが使える「置き型Wi-Fi」です。「SoftBank Air」や、WiMAXのホームルーター(L02)が代表的ですね。

SoftBank Airの場合は、スマホのソフトバンクと同等の「SoftBank 4G/4G LTE/AXGP」を使用しています。

WiMAXのホームルーターは、持ち運びするタイプと同等の「WiMAX2+/au 4G LTE」を使用しています。

設置型なので自宅でしか使えませんが、持ち運びタイプの端末よりも少しだけ高性能です。(実測値にあまり差は感じませんが…)

外でWi-Fiを使う予定がない方は、こちらの置き型wifiがおすすめです!

工事不要の据え置き型・置くだけWiFiホームルーターおすすめランキングTOP5!近頃話題の工事不要で即日使える置くだけWiFiホームルーターですが、種類が多くどれを選べば良いか迷っている人も多いのでは? そこで...

モバイル回線のスペックはどう?工事が必要な「光回線」と比較!

無制限wifi置き型wifi光回線
使用回線モバイル回線モバイル回線光ファイバー
工事不要不要必要
通信速度最大150Mbps最大962Mbps最大1~10Gbps
通信品質低い低い高い
持ち運び××
月額料金3,480円3,800円~3,800円~
サービス例・Mugen WiFi
・限界突破WiFi
・SoftBank Air
・Broad WiMAX
・フレッツ光
・ソフトバンク光
・NURO光

工事が必要なインターネット回線「光回線」と、工事不要な「無制限wifi」「置き型wifi」でスペックを比較してみました。

大きな違いは「通信速度」になります。

通信品質は光回線が圧倒的によく、実測値は常時100Mbps以上、遅延(ping)も少なく、安定しています。

対して、モバイル回線の通信品質は低いです。実測値は1~30Mpbsほど、安定していないため、遅延が大きい時もあります。

月額料金はあまり差がありません。戸建てタイプの光回線が一番高いですが、光回線はキャッシュバックなどのキャンペーンが豊富なため、実質料金だと同じぐらいになります。

正直、自宅用に使うなら、工事が出来るのであれば光回線を導入する方がおすすめです。

モバイル回線は「工事ができない方」や「外出先でWi-Fiを使いたい方」向けのインターネット回線となっています。

工事不要なインターネット回線のメリット・デメリット

インターネット回線のスペック比較や使用回線から、工事不要なモバイル回線のメリット・デメリットも紹介していきます!

工事不要なインターネット回線のメリット4つ

4つのメリット

  • 工事が不要!
  • 申し込みからすぐに使える(3日~1週間)
  • 持ち運びが出来るタイプもある
  • 引越し先でもそのまま使える

工事不要なインターネット回線は、事業者側から送られてくるルーターを使ってWi-Fi接続します。モバイル回線を受信したルーターから、端末用のWi-Fiを飛ばす、という仕組みですね。

ルーターさえ届けばすぐに使えるため、申し込み~利用開始まで早い点はメリットです。最短当日発送している事業者もいますね!

小型ルーターなら持ち運びも可能です。外でもWi-Fiを使えるので、スマホのデータ通信プランを定額なものに下げて節約したりもできますね。

また、引越した際にも便利です。工事が必要だと、開通工事日までインターネットが使えなくて困るので。工事不要なインターネット回線なら、ルーターを引越し先に持っていくだけでOKです!

工事不要なインターネット回線のデメリット3つ

3つのデメリット

  • 光回線と比べると通信速度が遅く、安定しない
  • 通信量の制限がある回線も
  • 混雑による速度規制がある

工事不要なインターネット回線のデメリットは「通信品質の低さ」です。

光回線と比べると通信速度は遅く、安定もしていません。モバイル回線を使っているので仕方がないですね。

通信速度が速いことで有名な「nuro光」などと比べると、まさに雲泥の差です。

また、通信量無制限タイプのモバイル回線は、利用者が多く混雑した際に速度規制を実施します。夜20時~24時ぐらいは特に規制が厳しく、高画質動画の視聴は厳しいでしょう。

それでも、スマホでのWi-Fi接続がメインな方は、通信品質の低さにそこまで困らないかと思います。以前よりもモバイル回線の品質も向上していますし、今後5Gが登場すれば更に快適になるかもしれません。

日本では電波法の規制があり、「免許を必要としない無線局」の出力上限が法律で定められています。広域通信を個人が無許可で行うことは、法律的にも出来ないのです。

屋外でも、場所を選ばずに快適にインターネット回線を利用したいなら、モバイルWi-Fiは有力な選択肢となります。

総務省:電波法利用ホームページ『制度の概要

工事不要で使えるおすすめのインターネット回線を紹介!

工事不要のおすすめインターネット回線を2つ紹介します!

検討している方は、是非参考にしてみてくださいね。

1.Mugen WiFi【無制限wifi】

mugenwifiのなるほどwifi限定キャンペーン画像
Mugen WiFiのスペック
初期費用3,000円
月額料金格安プラン:3,280円
アドバンスプラン:3,880円
キャッシュバック10,000円
※なるほどwifiからの申し込み限定
契約期間最低利用期間:2年
解約金1年未満:9,000円
2年未満:5,000円
更新月以降:0円
通信速度150 Mbps
通信量無制限
備考持ち運びタイプ

無制限wifiの中でもイチオシの「Mugen WiFi」です!

「どんなときもWiFi」が有名ですが、サービス内容では「Mugen WiFi」の方が優れています。

特に契約期間・解約金に関する条件が緩く(とはいっても無条件で0円ではないですが…)、2年利用以降はいつ解約しても0円です!

ルーターのスペックに応じた2つのプランがあります。こちらは好みで問題ないですが、迷ったら安いの方のプランでも問題なく使えるかと思います。通信品質はどちらのプランでもほぼ変わりません。

また、「海外でそのまま使える」という特徴も持っています。海外旅行の予定がある方にもおすすめ出来ますね!

Mugen WiFiは、当サイト「なるほどwifi」からの申し込み限定でキャッシュバック10,000円のキャンペーンを実施しています。是非検討してみてくださいね。

Mugen WiFi 公式ページはこちら

2.SoftBank Air(NEXT公式窓口)

softbankair next窓口
Softbank Air (next公式窓口)の概要
月額料金(ターミナル5)


1~24ヵ月:4,180円(5,368円)
24~36ヵ月:5,368円
※キャンペーン適用料金

月額料金(ターミナル4)1~12ヵ月:3,080円(5,368円)
13~24ヵ月:4,180円(5,368円)
25~36ヵ月:5,368円
※キャンペーン適用料金
キャッシュバック現金46,000円
おうち割光セットソフトバンクスマホを契約中の家族の人数×月額1,100円割引
事務手数料3,300円
提供エリア全国
データ容量無制限
契約期間2年

※月額料金の()の部分はソフトバンクエアーの月額料金

置き型WiFiを利用する場合、SoftBank Air(next公式窓口)」が最もおすすめです。

SoftBank Airの提供エリアは全国です。またIPv6高速インターネット接続に対応しているため、通信速度も申し分ありません。

今なら最大46,000円キャッシュバックを実施しているので、キャンペーン終了前にぜひご利用ください。

\今なら46,000円キャッシュバック/
公式サイトで詳細をみる 申込は簡単3分で完了。

まとめ

今回紹介したこと
  • 工事不要なインターネット回線もある
  • 「無制限wifi」「WiMAX」「置き型wifi」がおすすめ
  • 工事が必要な光回線と比べると、通信品質の低さが難点
  • 持ち運びが出来る機種もあって、外出だけでなく引越しの際も便利
  • おすすめ事業者は「Mugen WiFi」「SoftBank Air(NEXT)」

この記事では、工事不要のインターネット回線について解説しました。

モバイル回線を使った、「無制限wifi」「WiMAX」「置き型wifi」あたりがおすすめです!全て工事不要で使え、持ち運びが出来る機種もあります。

固定回線(光回線)と比べると、通信品質の低さが難点です。料金面はあまり変わらないので、自宅用の回線が欲しいならまず固定回線を先に検討すべきでしょう。

外出先でもWi-Fiを使いたい、工事が出来ない、引越しが多い、という時にモバイル回線を使ったインターネット回線を検討してみてくださいね。

インターネット回線の最安
【コスパ最強】料金の安いインターネット回線20社を徹底比較【料金が安いインターネット回線20社を比較し、戸建てとマンションでどの回線が最安なのかを紹介】安いインターネット回線を選ぶ際に気をつけるべきポイントもまとめているので、回線選びで失敗しないためにもぜひ参考にしてください。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


今だけ!全員PayPayギフト2,000円もらえる!
プレミアムウォーター公式はこちら
手数料無料!500円で株が買える!
マネックス証券「ferci」公式はこちら