【21社を徹底比較】光回線おすすめ6選と失敗しない選び方|2024年6月 PR

ドコモ光のマンションタイプの評判は?料金や速度、特徴を徹底解説

ドコモ光マンション_アイキャッチ画像
このページのリンクにはプロモーションが含まれています。
  • ドコモ光のマンションタイプは値段が高い?
  • どのプロバイダだと速いの?

このような疑問をお持ちでしょう。

プロバイダのタイプによって、ドコモ光のマンションタイプの月額料金は変わります

プロバイダ
タイプ
月額料金
タイプA4,400円
タイプB4,620円
単独タイプ
4,180円
+約1,000円(プロバイダ料金)

また速度はプロバイダによって大きく変わります。

選択するプロバイダによっては、月額料金が高く、速度も遅くなってしまうので注意しましょう。

編集部ダイゴ
編集部ダイゴ
本記事では、さまざまな光回線の契約に携わってきた私が以下3点を解説します。
  • ドコモ光マンションタイプの概要
  • マンションタイプを使っている人の口コミ
  • マンションタイプで契約する際の注意点

すべて読めば、ドコモ光があなたに合っているのか分かるようになるでしょう。

関連記事:ドコモ光は評判悪い?300人の口コミで分かった全メリット・デメリット

ドコモ光マンションタイプの基本情報

ドコモ光のマンションタイプは、選択したプロバイダによって月額料金が変わります

速度は最大1Gbpsと、他の光回線と違いはありません。ただし実測値はプロバイダによって大きく変わります。

ドコモ光の基本情報
月額料金タイプA:4,400円
タイプB:4,620円
対応エリア全国
回線光コラボ回線
最大速度1Gbps
工事費16,500円
事業者変更時は無料
事務手数料3,300円
契約期間2年
月額料金を+1,100円で契約期間なしも可能
違約金8,800円
IPv6対応

そのため、光回線をドコモ光にする場合、プロバイダを良く考えて選びましょう。

ドコモ光のマンションタイプに関する口コミ・評判

ドコモ光のマンションタイプに関する口コミ・評判を紹介します。

Twitterへ投稿されたリアルな意見を紹介しますので、これからドコモ光の契約を考えている方はぜひ参考にしてください。

マンションタイプの良い口コミ評判

ドコモ光のマンションタイプに関する良い口コミは以下です。

ドコモ光マンションタイプ、最高〜✌(‘ω’)

— 減煙 (@oinorihakuai) December 24, 2019

フレッツがマンションに来ている(どこまでなのか回線方式は何なのかは不明)、そして私はドコモユーザーなので光コラボでドコモ光を選択しようかなと現在は考えております

— 作​詞​:​R​・​O​・​N​ ​作​曲​:​R​・​O​・​N​ ​編​曲​:​R​・​O・N (@39saku398_926_) August 24, 2020

ドコモ光 IPv6接続 IPoE(v6プラス)の測定結果
プロバイダ: GMOとくとくBB
Ping値: 19.87ms
下り速度: 796.23Mbps(超速い)
上り速度: 291.41Mbps(非常に速い)

— (@Onaiery795555) February 14, 2020

うわああドコモ光のGMO開通したけど速い…速いよ…今までが遅すぎたのかな。ありがとうv6…

— せろん@一日目/の-23b (@seron_yn3) July 1, 2019

「ドコモユーザーだからドコモ光が安い」「GMOとくとくBBだと速い」「v6プラスで速い」などの意見が見られました。

v6プラスとは回線の混雑を避ける接続方法。時間帯に関わらず常に安定した速度で通信できる。

ただしドコモ光に限らず、光回線は周辺の通信環境によっても速度が大きく変わります。

口コミのようにGMOとくとくBBやv6プラスなどを利用しても、速度が遅い場合は出てきます

マンションタイプの悪い口コミ評判

反対にドコモ光のマンションタイプに関する悪い口コミは以下です。

ドコモ光マンションタイプめちゃくちゃ遅い… やっぱファミリーにするか

— はるさめ (@harusamerry) April 30, 2020

確かにドコモ光自体の月額は安くないんですよね。フレッツ光ならマンションだと3000円代もあるので。ドコモ携帯と合わせてならトータルで安くなってるっていうカラクリを上手く使ってるのかなと思います。ドコモユーザーじゃないとメリットがないですね。

— ネトセツ (@netosetsu) August 8, 2018

なんか回線がクッソ遅い。
ドコモ光なんだけどウチのマンションの問題なのかほんと遅い。

— R_winds (@R_winds) June 9, 2021

「速度が遅い」「ドコモユーザーじゃないとメリットがない」などの声が見られました。

ドコモ光はv6プラスを利用しないと、速度が遅いです。

また月額料金に関しても、ドコモユーザーでない限りは負担額が大きいので注意しましょう。

ドコモ光のマンションタイプに関する口コミ評判まとめ

ドコモ光のマンションタイプに関する口コミ・評判をまとめると以下です。

  • プロバイダをGMOとくとくBBにすると速い
  • v6プラスを利用すると速い
  • ドコモユーザーでない場合は月額料金が高くメリットがない

ドコモ光はプロバイダをGMOとくとくBBにして、v6プラスを利用すると速度が速くなります。ただし月額料金は、ドコモユーザーでない限りは高いです。

ドコモ光よりも月額料金が安かったり、速度が速かったりする光回線はあるので、ドコモユーザーではない場合、別の光回線を検討しましょう。

ドコモ光のマンションタイプはプロバイダによって料金が異なる

ドコモ光のマンションタイプはプロバイダによって料金が異なります。

タイプ月額料金対応プロバイダ
タイプA4,400円GMOとくとくBB・BIGLOBE・@nifty・ぷらら・スピーディア インターネット サービス・hi-ho・ic-net・Tigers-net.com・BB.excite・andline・ドコモnet・エディオンネット・DTI・楽天ブロードバンド・シナプス・TikiTiki・ネスク・01光コアラ
タイプB4,620円OCN・TNC・@ちゃんぷるネット・@TCOM・WAKWAK・ASAHIネット
単独タイプ4,180円
+約1,000円(プロバイダ料金)
なし

AタイプとBタイプのプロバイダの質に違いはありません。とくにこだわりがない場合は月額料金が安い「タイプA」をおすすめします。

またプロバイダは個別で契約する「単独タイプ」も存在します。

単独タイプは、ドコモに支払う料金は4,180円に、別途契約するプロバイダ料金が約1,000円がプラスされるので、結果的に月額料金は高くなります。

単独タイプを使うメリットはないので、Aタイプを契約しましょう。

配線方式によってドコモ光の速度は異なる

マンションで光回線を契約する場合は、配線方式によって速度が大きく変わります

たとえ最大速度が1Gbpsのドコモ光でも、配線方式によっては100Mbpsに制限される場合があります。

ドコモ光のマンション方式

それぞれの配線方法を詳しく解説します。

光配線方式は最大1Gbps

光配線方式の最大速度は1Gbpsです。

光配線図

出典:フレッツ光

建物から部屋まで一貫して光回線が繋がっている配線方式で、速度が速いのが特徴です。

ただし最大速度が1Gbpsなだけで、実測値を高くするにはv6プラスを使用したり、速度の速いプロバイダで契約したりする必要があります。

VDSL方式は最大100Mbps

VDSL方式の最大速度は100Mbpsです。

VDSL図

出典:フレッツ光

マンションの入口まで光回線で接続し、各戸までは電話回線で接続する配線方式です。VDSL方式でもプロバイダによって速度の質は変化します。またv6プラスの利用できます。

速度の速いプロバイダでv6プラスを使えば、VDSL方式でも十分快適に通信可能です。

LAN配線方式は最大100Mbps

LAN配線方式の最大速度は100Mbpsです。

LAN配線図

出典:フレッツ光

マンションの入口まで光回線で接続し、各戸まではLANケーブルで接続する配線方式です。

VDSL方式と同様に、速度の速いプロバイダやv6プラスを使えば快適な通信できます。

ドコモ光のマンションタイプで契約する際の基礎知識

ドコモ光のマンションタイプで契約する際の基礎知識を紹介します。

それぞれ詳しく解説します。

配線方式の選択はできない

マンションで光回線を契約する場合は、配線方式は選択できません

回線タイプはマンションごとにあらかじめ決まっています。マンションの設計上の問題なので、例え光回線を変えたとしてもタイプが変更することはありません。

つまりVDSL方式やLAN配線方式のマンションは、どの光回線を選ぼうとマンションタイプでの契約なら100Mbpsが限界の速度となります。

エリアはNTTのホームページから確認する

ドコモ光のエリアはNTTのホームページから確認できます。ドコモ光はNTTが提供しているフレッツ光の回線を使用しているためです。

フレッツ光の回線を使っている光回線は「光コラボ回線」と呼びます。光コラボ回線は他にもソフトバンク光やOCN光など数多く展開しています。

光コラボ回線のエリアは全て、NTTのホームページからエリアを確認するので覚えておきましょう

光コラボ回線のエリア確認方法

ドコモ光は利用者が多いため通信が混雑しやすい

ドコモ光やソフトバンク光などの光コラボ回線は、利用者が多いため通信が混雑しやすいです。

とくに夕方6時から夜の10時までの間は、接続が集中するため速度が遅くなり快適な通信を行うのは困難です。

光回線によって多少の差はありますが、光コラボ回線は総じて時間帯によって混雑しやすいので留意しましょう。

v6プラスを利用することで速度が速くなる

ドコモ光は、v6プラスを利用することで速度が速くなります

v6プラスとは「IPv4 over IPv6」とも呼ばれるサービスで、IPv4とIPv6を切り替えつつ、常に速度が速い通信方式がIPoE接続できます。

ドコモ光でレンタルできるルーターに標準搭載されている機能なので、難しい設定などをすることなく利用が可能です。

v6プラスの利用手順

ドコモ光のv6プラスの利用手順は以下です。

ドコモ光のv6プラスの利用手順

  • IPv4 over IPv6が利用できるプロバイダに申し込む
  • IPv6対応ルーターを準備する
  • パソコンの設定を確認する

ドコモ光のIPv6については下記の記事で詳しく解説しているので参考にしてください。
»ドコモ光でIPv6を利用する方法は?

ドコモスマホを契約している場合は月額料金が割引になる

ドコモ光セット割は「ドコモ回線のスマホを利用している家族分、最大20回線の利用料金が毎月1,100円割引」になります。

ドコモ光セット割ページ

出典:ドコモ光

「ドコモ光セット割」の対象となるスマホの料金プランは、下記の通りです。

料金プラン通信速度データ利用量月額割引額適用期間
ギガホ プレミア5G無制限1,100円永年
4G60GB/月
ギガホ5G100GB/月
4G60GB/月
ギガライト5G3GB/月550円
5~7GB/月1,100円
4G3GB/月550円
5~7GB/月1,100円

※料金は税抜
※「ギガホ」プランは、2021年4月31日で新規申し込み終了
※「5Gギガホ プレミア」プランは、2021年4月サービス提供開始
※新料金プラン「ahamo」は対象外

2021年4月26日提供開始の新料金プラン「ahamo」は割引対象外です。

忘れてたahamo乗り換え、光セット割やドコモ割がないから高くなりそう。どうせ通信量も3GB程度だし20GBもいらないからそのままドコモ継続かね。

— 彩雲@青いんプ(GC8ねんどろカー提督) (@GC8_ayamo) April 21, 2021

ドコモ回線は、国内の主要通信キャリアで唯一「追加オプションなし」でスマホセット割引を適用できるのでお得です。

その他回線のスマホセット割引は、適用条件として「光電話オプション」を契約する必要があるので、オプション料金が追加で必要となります。

4戸以下のアパートなら戸建てプランになる場合がある

ドコモ光に限らず、光回線は4戸以下のアパートだと戸建てプランになる場合があります。

4戸以下のアパートは、マンションプランで必要になる主配線盤が取り付けられていないことがほとんどです。そのため、マンションプランは利用できずに、入居者が個別で光回線の戸建てプランを契約することになります。

部屋数が少ないアパートに住んでいる場合は、一度管理会社へ連絡して光回線の契約方法を確認しましょう。

ドコモ光マンションタイプの初期費用

ドコモ光のマンションタイプの初期費用は工事費と事務手数料がかかります。

新規契約をする場合は3,300円の事務手数料と16,500円の工事費がかかります。土日祝日に工事をする場合は、料金が3,300円上乗せされます。

料金
事務手数料3,300円
工事費16,500円
工事費(立ち合いなし)2,200円
工事費(転用・事業者変更)0円
土日祝日に工事する場合+3,000円

光回線の設備が残っていて工事が必要ない場合、立ち合いなしとなり2,200円の工事費で済みます。

また光コラボ回線やフレッツ光から乗り換える場合、工事を行わないので工事費かかりません。

ドコモ光でマンションタイプを契約する手順

ドコモ光でマンションタイプを契約する方は、以下の2パターンに分かれます。

ドコモ光のマンションタイプ契約手順

それぞれのパターンで契約手順を紹介します。

新規で契約する場合は工事が必要

新規でドコモ光を契約する場合は工事が必要です。新規の契約とは主に以下の方が対象になります。

新規契約の対象者

  • 引越しをして新しく光回線を契約する場合
  • 以前の光回線を解約している場合
  • 独自回線の光回線を利用している場合

引越して新しく光回線を契約する場合や以前の光回線を解約して現在契約がない場合は、新規で申し込みます。

また、NURO光やauひかりなどの独自回線系の光回線から乗り換える場合は新規契約扱いになります。ドコモ光の工事手順は以下です。

ドコモ光の工事手順

  1. NTTのホームページからマンションの対応状況を確認する
  2. 管理会社や大家さんに工事の許可を取る
  3. ドコモ光を申し込んで工事日を決める
  4. 工事をしてもらう
  5. 通信機器を接続する

申し込みから工事までにかかる期間は早いと2週間、遅いと6週間です。3月や4月などの引越しシーズンは、光回線の契約が増えるので、遅くなりがちです。

引越しをこれから考えている方は、引越し後すぐに光回線で通信ができるわけではないことは理解しておきましょう。

工事をする際は管理会社から許可を取る

新規で光回線の契約をして工事をする場合は、賃貸や分譲に関わらず、管理会社や大家さんからの許可が必要です。

光回線の工事はケーブルを通すために、壁に穴を開けます。そのため、許可がないまま工事を行うと、修繕費用を請求されてしまいます。

たとえ分譲マンションでも、壁に穴を開ける光回線の工事はトラブルが起きやすいです。管理会社も光回線の問い合わせには慣れているので、相談してみましょう。

光コラボ回線から乗り換える場合は工事不要

事業者変更や転用で乗り換える場合は工事不要です。

光コラボ回線を契約している場合は事業者変更手続き、フレッツ光を契約している場合は転用手続をします。光コラボ回線は、フレッツ光の回線を使用しています。フレッツ光の回線からドコモ光へ乗り換えても、使う回線は同じなので工事が必要ありません。

乗り換えの手順は以下です。

事業者変更や転用での乗り換え手順

  1. 転用承諾番号もしくは事業者変更承諾番号を現在契約している光回線から取得する
  2. ドコモ光へ申し込み時に取得した承諾番号を伝える
  3. ドコモ光から届いた通信機器を設置する

工事が必要ないので電話やインターネットでの申し込みのみで手続きを進められます

手続き後に、ドコモ光から通信機器が送られるので、あとは設置をするだけで利用できます。

ドコモ光のマンションタイプを契約する際の注意点

ドコモ光のマンションタイプを契約する際の注意点を紹介します。

注意点を理解しないまま、契約をしてしまうと思わぬ後悔をすることになりかねません。

最後まで確認して、後悔のないようにしましょう。

回線タイプは乗り換えをしても変わらない

回線タイプは乗り換えをしても変わることはありません

例えば、現在契約している光回線がVDSL方式で、速度が遅いからと言って乗り換えをしても、最大速度に変化はありません。VDSL方式やLAN配線方式のマンションで最大速度を上げるには、マンションタイプではなく戸建てタイプで契約します。

ドコモ光はマンションタイプを提供しているマンションでは、戸建てタイプの契約はできないので注意しましょう。

スマホ割を適用するには契約者の名義が同じである必要がある

ドコモ光のスマホ割を適用するには、ドコモスマホの契約者と名義が同じである必要があります。

そのため、スマホを親の名義で契約している場合は、名義を変更する必要が出てきます。

一人暮らしを始めたばかりの売は、スマホ名義が親のままになっている場合があるので、注意しましょう。

プロバイダによって速度が変わる

ドコモ光はプロバイダによって速度が変わります。最大速度に違いはありませんが、実際の利用者の実測値は大きく変わっています。

ドコモ光のプロバイダで速度を比較してみると、GMOとくとくBBが最も速度が速いです。

プロバイダダウンロード速度
GMOとくとくBB302Mbps
plala278Mbps
BIGLOBE275Mbps
OCN260Mbps
@nifty224Mbps

※測定数が多い5つのプロバイダで比較
※「みんなのネット回線速度」にて2021年9月28日から12月27日の間に測定された平均値

またGMOとくとくBBはv6プラスが利用でき、対応ルーターのレンタルも無料でできます。月額料金に関しても安いタイプAなので、欠点はないと言っても過言ではありません。

特にプロバイダにこだわりがないのであれば「GMOとくとくBB」を選びましょう。

まとめ:ドコモ光のマンション

ドコモ光のマンション料金はプロバイダタイプによって異なります。

プロバイダ
タイプ
月額料金
タイプA4,400円
タイプB4,620円
単独タイプ
4,180円
+約1,000円(プロバイダ料金)

マンションタイプの場合は「建物にフレッツ光が導入されているか」「配線方式は何か」といったポイントを事前に確認する必要があります。

ドコモ光のマンションプランを新規契約する場合の工事手順は以下です。

ドコモ光の工事手順

  1. NTTのホームページからマンションの対応状況を確認する
  2. 管理会社や大家さんに工事の許可を取る
  3. ドコモ光を申し込んで工事日を決める
  4. 工事をしてもらう
  5. 通信機器を接続する

なおドコモ光の最もお得な申込窓口はGMOとくとくBB」です。ドコモ光のプロバイダの中で速度が速く、どの時間帯でも通信が安定しているからです。

関連記事:ドコモ光は評判悪い?300人の口コミで分かった全メリット・デメリット

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


今だけ!全員PayPayギフト2,000円もらえる!
プレミアムウォーター公式はこちら
今だけ!全員PayPayギフト2,000円もらえる!
プレミアムウォーター公式はこちら