【初心者マニュアル】自宅&外出用のWi-Fiを契約する全手順を解説! PR

Wi-Fiの通信規格で何が違う?速度と特徴を一覧でまとめてみた!

書類で飛行
このページのリンクにはプロモーションが含まれています。
編集部・那須
編集部・那須
こんにちは!「なるほどWi-Fi」編集部の那須です。

ワイヤレスでインターネット通信を行えるWi-Fi(無線LAN)は便利ですね!

そんなWi-Fiですが、いくつかの規格があるのはご存知でしょうか?

特にWi-Fiに詳しくない方は

「Wi-Fiの規格ってそもそもなに・・・?」
「Wi-Fiの規格ごとにどんな違いや特徴があるの・・・?」
「自分に最適なWi-Fiの規格はどれ?」

と思っている方も多いのではないでしょうか!

そこで、このページでは「Wi-Fiの規格ごとの速度や特徴」「利用目的別のおすすめWi-Fi規格」について紹介していきます。

6つのWi-Fi規格で通信速度が決まる

Wi-Fi規格通信速度対応周波数
IEEE802.11b(11b)11Mbps2.4GHz
IEEE802.11g(11g)54Mbps
IEEE802.11n(11n)150Mbps
5GHz
IEEE802.11a(11a)54Mbps
IEEE802.11ac(11ac)433Mbps
IEEE802.11ad(11ad)4.6Gbps(4,600Mbps)60GHz

※「規格」とは通信方法のことです。

Wi-Fiは6つの規格があって、それぞれの規格で通信速度が大きく異なるんです!

一番高速な規格はIEEE802.11ad(アイトリプルイー・ハチマルニ・テン・イチイチ・エーディー)で、最大通信速度は4.6Gbps(ギガビーピーエス)です。

bps(ビーピーエス)とは「bit per second」の略で、1秒間に通信できるビット数のこと。1バイトは8ビットのことなので、4.6Gbps(4,600Mbps)をバイト換算すると、575MB/1秒になります。

つまりIEEE802.11adは、1秒間に575MB(メガバイト)もデータのやり取りができるんですね!

DVDが5GB~10GB(ギガバイト)なので、IEEE802.11adは映画1本が10秒~20秒でダウンロードできると考えると、その速さが理解できると思います!

Wi-Fiルーター
通信端末(スマホ・パソコン・タブレット・ゲーム機など)
周波数
規格
11b11g11n11a11ac11ad
2.4GHz11b11Mbps11Mbps11Mbps
11g11Mbps54Mbps54Mbps
11n11Mbps54Mbps150Mbps
5GHz150Mbps54Mbps150Mbps
11a54Mbps54Mbps54Mbps
11ac150Mbps54Mbps433Mbps
60GHz11ad4,600Mbps

ちなみに、各Wi-Fi規格は通信を行う周波数がそれぞれ決まっていて、異なる周波数の規格同士では通信を行うことができません。

また、同一周波数でも異なるWi-Fi規格だと、通信速度は遅い側の速度になってしまいます。

つまり、11ac対応のスマホでは、11g対応のWi-Fiルーターとは通信できず、11a対応のWi-Fiルーターとは54Mbpsの速度でしか通信できないのです。

・Wi-Fi規格の周波数が違うと通信できない
・異なるWi-Fi規格で同一周波数に対応しているときは、遅いWi-Fi規格の通信速度がなる
・契約しているインターネット回線自体の速度が遅いと、高速なWi-Fi規格にしてもダウンロード速度は変わらない

3つのWi-Fi周波数帯域で特徴が決まる

Wi-Fi規格周波数帯域特徴
11b2.4GHz・通信距離が長い
・電波干渉を受けやすい
・障害物に強い
・屋外でも利用できる
11g
11n
5GHz・通信距離が短い
・電波干渉を受けにくい
・障害物に弱い
・屋外では利用できない(電波法で禁止)
11a
11ac
11ad60GHz・通信距離が非常に短い(10m程度)
・電波干渉を受けにくい
・障害物に非常に弱い
・屋外でも利用できる
・対応機器があまりない

ちなみに、周波数が高くなるにつれて、以下の特徴があるんです。

  • 通信速度が速くなる
  • 通信距離が短くなる
  • 障害物に弱くなる
  • 電波障害に強くなる

つまり、周波数が高いWi-Fi規格のほうが通信速度が高く、通信距離が短くなるんです。

周波数に違いによって、最適なWi-Fiルーターは異なるようですね。次は目的別におすすめのWi-Fi規格を紹介します。

【目的別】おすすめのWi-Fi規格は?

Wi-Fi規格ごとに通信速度や特徴に違いがあることを紹介してきましたが、目的別の最適なWi-Fi規格をそれぞれ紹介します!

1.スマホ使用時に利用したい

スマホをタッチ

結論から言えば最適のWi-Fiは「11ac」です!

2016年以降に発売されたiPhone(iPhone7以降)は「11ac」、Androidスマホのほとんどは「11a/b/g/n/ac」にそれぞれ対応しています。

そのため、自宅にWi-Fi環境を構築際には、高速で比較的安定して通信できる「11ac」に対応したWi-Fiルーターを購入しましょう。

2.家庭用ゲーム機(PS4、PS3、Wiiなど)に利用したい

機種対応Wi-Fi規格
PS4(CUH-1000/1200)11b/g/n
PS4(CUH-2000/7000)11a/b/g/n/ac
PS4 Pro11a/b/g/n/ac
PS311b/g
Xbox One S11ac
Xbox One X11ac
Wii U11b/g/11n
Wii11b/g
Nintendo Switch11a/b/g/n/ac
3DS、New3DS11b/g

家庭用ゲーム機でWi-Fi通信する際のおすすめの規格は、各機の中で最速のWi-Fi規格になります!

なぜなら、高速な規格ほど基本的には通信が安定して、ラグも少ないからです。

上表で対応しているWi-Fi規格を確認して、先述のWi-Fi速度表で一番高速な規格を確認してください。

携帯型以外の家庭用ゲーム機は必然的にテレビの近くに置くため、Wi-Fiルーターを設置している部屋から遠いことがあります。

もし、Wi-Fiルーターのある部屋から2部屋以上離れている場合は、高速な通信が可能な「11a/11ac」ではなく障害物に強い「11b/g/n」対応のWi-Fiルーターを設置するのがおすすめです。

3.動画視聴に利用したい

タブレットで驚く

動画配信サービス(YoutubeやNetflix、Huluなど)は大容量のデータ通信が必要なために、高速通信が可能な「11ac」がおすすめです。

Wi-Fiルーターからの距離が遠い場合には周波数2GHzの「11b/g/n」にする選択肢もあります。

ただし、最高画質で動画再生できない場合もあるので、画質にこだわりたいなら中継器を利用しても良いでしょう。

中継器とLANケーブル
【設定30秒】おすすめWi-Fi中継器ランキング!使い方まで解説中継器(中継機)を利用すれば、届かなかったWi-Fiの通信範囲を広げられます!このページでは、おすすめの中継器をランキング形式で紹介しています。また、中継器を活用するために理解しておきたい「中継器の基本的な仕組み」や「中継機を選ぶポイント」、「中継器の通信範囲」も紹介しています。...

4.家族全員でWi-Fiを利用したい

家族でスマホ

複数人で利用するなら通信速度が速い「11ac」がおすすめです!

自宅が2LDK程度であればWi-Fiルーター1台でカバーできますが、自宅がそれ以上の広さのときには中継器を利用して通信可能な範囲を拡張しましょう。

まとめ

このページのまとめ
  • Wi-Fi規格ごとに通信速度が違う
  • Wi-Fiの周波数ごとに特徴が違う
  • 高速な通信速度を重視するなら11acがおすすめ

Wi-Fiの知識として覚えておきたいのは「通信速度はWi-Fi規格で決まる」「特徴はWi-Fiの周波数で決まる」です!

最近では何をするにも通信量が大容量化されているので、できるだけWi-Fiなどの高速通信手段で快適に通信したいですね。

Wi-Fiは今後ますます普及していますので、この機会にWi-Fiについての理解を深めていただけると嬉しいです!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA