モバイルルーターとは?初心者でも失敗しない選び方・契約方法・使い方 PR

情報漏洩に注意!?在宅勤務(テレワーク)向け安全なWiFiを比較しおすすめを厳選紹介!

このページのリンクにはプロモーションが含まれています。

近頃話題の在宅勤務(テレワーク)ですが、急な在宅要請に自宅にWiFi環境がなくて「ネット環境はどうしよう?」と環境整備に悩んでいる人も多いのでは?

実は、在宅勤務(リモートワーク)で使うWiFiは注意して選ばないと情報漏洩の危険があるんです。

そこで今回の記事では、在宅勤務(テレワーク)向けの安全なWiFiの選び方のポイントや在宅勤務向けWiFiを比較して最もおすすめの1社を比較していきます!

今回の記事が、在宅勤務(リモートワーク)で使うWiFi選びの参考になれば幸いです。

WiFiレンタルどっとこむは3年連続国内レンタルWiFiNo.1!

wifiレンタルどっとこむトップページ

①国内レンタルWiFiNo.1
②初期費用が無料
③最短即日発送
④1日レンタルからOK
⑤工事不要でいつでも使える

\国内レンタルWiFiNo.1/
公式サイトで詳細をみる 申込は簡単3分で完了。4日前ならキャンセル料無料

置き型WiFiを利用する場合、SoftBank Air(next公式窓口)」が最もおすすめです。

SoftBank Airの提供エリアは全国です。またIPv6高速インターネット接続に対応しているため、通信速度も申し分ありません。

今なら最大46,000円キャッシュバックを実施しているので、キャンペーン終了前にぜひご利用ください。

\今なら46,000円キャッシュバック/
公式サイトで詳細をみる 申込は簡単3分で完了。

在宅勤務(テレワーク)向けのWiFiでリモートデスクトップを使うなら「NURO光」がおすすめ!

世界最速インターネット NURO光
月額料金4,743円
最短契約期間2年
取扱端末
データ容量無制限
通信速度2Gbps

在宅勤務(テレワーク)でリモートデスクトップを利用するなら「NURO光」がおすすめです。

NURO光は、現在日本で最もおすすめのネット回線です。通信速度が最大2GBと通常の光回線の倍な上に契約期間での支払い総額が最安値です。

光回線なので、通信速度に困ることは一切ありません。在宅勤務でも会社と全く同じ環境で仕事ができるでしょう!

ただし、契約に2年間の縛り期間があります。そのため、在宅勤務(テレワーク)の期間が終わっても契約は続くことになります。

2年縛りがあっても、高速・快適なネット環境で仕事がしたい!ということでしたら、NURO光は非常におすすめのネット回線です。

NURO光の人気キャンペーンページはこちら!45,000円貰えるお得&安心な公式キャンペーンです!

テレワーク・リモートワークでカフェなどのFree WiFiを使って問題になった3つの事例…

最後に、基本的にはカフェなどのFree WiFiを使ったテレワーク・リモートワークはおすすめしません。

参考までに、カフェなどのFree WiFiを使ってテレワーク・リモートワークが問題になっている3つの事例を紹介していきます。

自宅にネット環境がなくて、テレワーク・リモートワークに困っているようでしたら最低限レンタルWiFiをレンタルすることをおすすめします。

事例①:カフェでテレワークをして客先の名前・役職・業務内容が流出

「大丈夫なの?」カフェでテレワークしている人が店内で電話してるせいでその人の名前・勤務先・電話番号はおろか客先の名前・役職・業務内容が全部店内に漏れまくっていた – Togetter https://t.co/1fGsAxwbJY
自宅に通信環境がないからってフリーwifi繋ぐのはヤバヤバやろ

— 月空 (@getukuu_f) March 9, 2020

こちらの事件は、実際に情報が流出して問題になったわけではありませんが日頃からよく見かける光景ですよね…汗

カフェなどのFree WiFiでテレワークをすると、ビデオチャットや電話などの対応もカフェの店内で行うことになると思います。

すると、必然的に客先情報や自社の機密情報が流出するリスクが高まります。優秀なビジネスマンであれば、にカフェなどの公共の場で仕事をするべきでないことが理解できると思います。

事例②:仮想通貨の情報が流出して100万円弱の被害に…

「理論上は、公共のWi-Fiにログインしている人が何をしているのか、ネットワーク上の人はすべて見ることができます。実際に、私の知人はファストフード店の公共Wi-Fiに接続したことで仮想通貨の情報が流出して、100万円弱の被害にあいました。また、個人所有のWi-Fiでも、古い認証方式のものは要注意です。いまはWPA2が主流ですが、ひと世代前のWEPのものはセキュリティレベルは低い。解析すればパスワードなどの情報はすぐに知られてしまいます」

出典:PRESIDENT Online

こちらの事例は、実際にあった事例です。ファストフード店のFree WiFiに接続したことで仮想通貨の情報が流出して100万円の被害にあったそうです。

この事例は仮想通貨が盗まれただけでしたのでまだ良いのですが、盗まれた情報が社の存亡を賭ける取引の契約書だったらどうでしょう?

契約書の流出が原因で取引が失敗に終わったら、責任をとることはできませんよね…汗

このようなリスクがあることを考えると、テレワーク・リモートワークは絶対にFree WiFiで行うべきではありません。

事例③:悪意あるホットスポットに接続して情報を盗まれる…

彼らは誰でも使えるWi-Fiホットスポットを立てて人々をおびき寄せ、Wi-Fiに接続した人たちがデバイス上でやりとりしたトラフィックをすべて傍受していたのです。誰かがオンラインの銀行口座にログインしたとき、彼らはログイン認証情報を手に入れました。また誰かが自撮り写真を投稿するためにInstagramにログインしたとき、彼らはそのInstagramアカウント情報をゲットしました。あなたの友人が会社のメールをチェックしたとき…もう、おわかりですね。

出典:kaspersky daily

こちらの事例は、提供元不明のWi-Fiホットスポットに接続した情報が奪われてしまった事例です。

上記のように、Wi-Fiホットスポットを提供して接続した人の情報を盗みとることは、誰でも簡単にできてしまいます。

ハッカーのWi-Fiホットスポットが、スターバックスやマクドナルドのWiFiに偽装していることはままありますし、非常に危険ですよね。

現状日本では、セキュリティ知識がなく提供されているFreeWiFiが正規のものか判断できる知識がある人はほとんどいないでしょう。

そんな状況で、公共の場のFree Wi-Fiを使ってテレワーク・リモートワークを行うのは非常に危険なことであると言えますね。

在宅勤務(テレワーク)向けの安全なWiFiに関するまとめ

今回の記事のまとめ
  • 在宅勤務向けのWiFiは「情報漏洩リスク」「縛り期間の有無」「容量制限」に注意して選ぶ
  • 在宅勤務に最もおすすめのWiFiは「レンタルWiFiどっとこむ」
  • 長期契約でもいいなら「ネクストモバイル」もおすすめ!
  • 工事不要で高速WiFiが契約したいなら「ソフトバンクエアー」がおすすめ!
  • 在宅勤務で高速・快適なWiFiを契約したいなら「NURO光」がおすすめ!

今回の記事では、在宅勤務(テレワーク)向けの安全なWiFiを比較して場合別におすすめを紹介してきました!

在宅勤務向けのWiFiは「情報漏洩リスク」「縛り期間がないこと」「容量無制限なこと」の3つに注意して選びましょう!

全ての条件を満たした、最もおすすめのWiFiは「レンタルWiFiどっとこむ」です。1日10GB使える準無制限WiFiが1ヶ月4,528円で契約できます。

在宅勤務(テレワーク)向けのWiFiを今すぐ契約したいようでしたら、ぜひ「WiFiレンタルどっとこむ」を検討してみてください!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA